PYGOYA'S 
団体の芸術の有価証券

アレックスアレキサンダー 及び仲間のために準備される

 

インタビュー5 1 日のアレックスアレキサンダー著Pygoya 2003

 


 

アレックス: ハワイの最初のデジタル芸術家であるか。いつ始まる、何実験の何十年かにわたってあなたのデジタルプロセスはあったか。

Pygoya: 私はハワイで表わすべき最初のデジタル芸術家である。芸術家ラリーLovett 、またホノルルに1984 年に最初の専門のコンピュータ・グラフィックスシステムを持って来られる。私は1985-86 年からの彼のデジタル仲間の会社でユーザーの 時間及び 援助の支払をした。ラリーは後で私がギャラリー所有者およびディレクターとして組織した展示物を結合した。1986 年に私はAmiga 1000 年を買い、 私の自身のシステムで作成し始めた。

得私はからただ作成したいと思った日のコンピュータ・グラフィックスの代りに他の人々がまたは単に"芸術" 芸術"であると考慮するPC のイメージを、" 行く。あって偶発に私の仕事はPC の回転の初めに始まるために歴史的にちょうど1 つを"経験及び科学技術の進歩によって新しい媒体で育つための深刻な" 芸術家の努力記録するがまた1985 年以来のパーソナルコンピュータの写実的な力を文書化する。途中で科学技術容量のステップで変わる挑戦。

例えば、私は' 80s の私の"Pixelism" でデジタル画像を正当化する為の理由が"芸術。" でないので陰謀を企て、計画的に電子ピクセルを、低い決断および限られた電子パレットを嘆いている同様な評論家の代りに媒体の本質的な要素として視覚で拡大するその代り、即時の挑戦はまだそのようなparsimonious 写実的な用具を使用し、確信の芸術にモニターの印を変形させるべきだった。宣言するために心理学(私が作り出し、芸術が全くあったか表わした何を1980 年) の芸術の新しいPh.D. は私に用具および自己の保証を与えた。それはだった"コンピュータ・アートの方の公共の態度を変える媒体の長い改革運動- 新聞、雑誌、テレビは- 。" 途中で私は研究者である機会をrelished 私の仕事に公共及び制度上の態度および反作用を判断するように常に試みる。

それは16 色からの色彩積み過ぎのように私のためにすぐに感じた16.2 百万へ速い小旅行だった。媒体はまだより少なく乾燥したデジタル用具ユーザーの激しく明るく、派手な仕事によって今日傷つく。何年にもわたって、色相の私の好みのパレットは地球の調子の中心に漸減し、黒く、茶色、及び灰色、分光範囲の家でかなり感じる。

元のモニターの設計から大きい絵画を出力するには私が"人間プリンター" として芸術家と実験した時間のようなindulgent 時が、余りにあった。それから大邸宅があった"Cyberpaintings" に博物館の雰囲気の多くを提供した私が(40 の引込められたトラックライトを有した) よりそれ働いた造った家族のための居心地のよい住宅として。

アレックス: あなたのデジタルパレットは何に今のように見えるか。

Pygoya: 色はI がそのような限られた選択から最初に始まったときに強くない程に。しかし私が私により興味深い他の視覚要素の強調のために明るく、飽和させた色の強度を軽視する黙した調子をがちである多くと好み均等にしなさい私があるかだれを、反映するかどれがそれによりあい昧性、複雑さ、およびパラドックスを引き起こすそれらのような。私は私の構成のぴりっとする乾燥として明るい色について考える; 過剰使用は私の生命のこの期間に私に嫌いである。それはまた私の網膜に放射のリンの光子の衝突の十年へ終わる反作用であるかもしれない。今ではなだめることを追求する先天的な性質がまたペインターの不透明な顔料を使うこととは違うより少ない閃光色、ないある。暗い陰および色相はまた深さの錯覚を、およびそう作成することで助ける、赤及び黄色のような高い飽和そしてより明るく暖かいアクセントに対して対照されたとき。

アレックス: いかに団体の設定でデジタル芸術を見る考えるか。

Pygoya: 私は物理的な媒体 ( コンピュータ・グラフィックス、ライトとのイメージ投射) 及び実際の絵画の方の私の訓練のおよび感受性間のほとんどの仕事のying ying-yang のバランスを作成することを試みる。私は 絵画及びデッサンのマスターを得、決して地上の自然な顔料のための類縁およびアジア水彩画のペーパーのキャンバスそして繊維のweave のような質の感謝を、失ったあらないことは。私はまたブロンズ彫刻、組合せ媒体、写真撮影および製陶術とのcourtships を有した。この日にすべてのこの過去の経験の発見私のデジタル芸術内の方法そして場所。

今デジタル媒体の内で層になる視覚効果のこのポプリを想像しなさい。団体の壁でそれは伝統とずっと芸術がであるが、今、同時に、情報の年齢の耐えられる媒体の新鮮さがあるもののresounds 。それはそれをである好み、現在の文化文脈内のアイデンティティの選択いかにの表示するか株式会社を選択のリーディングエッジ現代のようである作る。ハイテクの会社のためのプロダクトとサービス間に継ぎ目が無い統合と同じような科学技術の起源から現れる文化遺物のアイデンティティがある。けれども私の仕事を受け入れること容易にさせるために私はまた技術を憎む選び、古さを過ぎて好むそれらのために楽しまれて。私は2 つの世界間の橋として私の仕事、現代美術の出現の形態のパトロンと同様、同時に決め付けるために株式会社が採用伝統のサポータとして彼ら自身をできる変更時代を見る。壁画のスケールを加えれば力、成功、および無制限の成長は株式会社の公共の外的人格と準になる。サイズは特定の企業内の主要なプレーヤーとして会社を決め付けることで数え、助ける。

アレックス: 団体及びホテルのロビーのような大きい壁のために、必要とされる大きいフォーマットの仕事を作成するあなたの機能は何であるか。

Pygoya: 私はモニターの イメージの設計 からのサイズの仕事を提供できる! これは私に仕事の物理的なサイズのまた値を付けることの無制限のスケーリングの柔軟性をちょうど与える。私は記録保管質の限定版のインクジェット印刷物を、また渡す壁のサイズであるキャンバスの実行された油絵を提供する。大きい壁画を作り出すと、デジタル画像の細部の迷惑の忠実な再生との15'x10 が' 、かける私の時間、1 イメージにつき少なくとも丸一年言いなさい。そう私は常にプロセスの制御で担当している、とどまっているそのような大きい任務のプロジェクトのためのマスターペインターと、協力し質を保証する。個人的に報酬はお金、記念碑的なアートワークの取付けの前に生殖不能そして世俗的な部屋一度圧倒したり、支配するサイズで満開に理性的で軽い花から、耐えられる私の視野を見る渇望の満足そんなにでないが。

アレックス: 芸術家として、何が つけるか。

Pygoya: サイズのほかか。Hmm- の感じは実際に有形と同様、目で見えるようにすることのマジックを作成できる手品師ライトのはかないスペクトルから得られる芸術のcollectibles を好む。私を つける何がまた 私のデジタルdabblings の成功が空を渡る旅行の間に変形する雲で同じ想像および開いた心をと要求することをわかるべきで私が芝生にあっている男の子だったときに形づく自然な目的を捜す。この日に私は形態のために色、形、および表現を変形させるためにソフトウェアを運転する順次  命令から現れるために興奮して予想する。それから奇人があり、芸術しかし女性と歯科療法、ディスコのダンス、執筆 、 flirting マラソンランニングを、行うことのような生命の他の面にちょうどかなりあることの私の物の神ある特定の属性が、つくことをそれにより私が可能にする。有形業積および個人的な満足によって示されるすばらしい生命の達成の基づかせていた感覚へのすべてのチャネル。私は"幸せな" 芸術家であるが、- それは私の仕事を傷つけない!

アレックス: ディスコDOC から( 歯科医) デジタル芸術家に、 例えば行ったか。

Pygoya: 私が反逆者、厄介者、家族のimpetulant 兄弟常にだったことを言うかもしれない。そう回転ライト、騒々しい音楽および実際の雇われたディスクジョッキーと完全なdiscotheque として私の歯科医院の応接室をごまかすことによって現状に、および常識、および危険の専門の失敗逆らうことは容易だった。知名のディスコDOC それはであることの存続の後の 批評そして sensationalism でなかったブラシを投げ、"芸術としてコンピュータの私の演劇を宣言する大きく個人的な脅威。" 媒体はインターネットのネットワーキングを通って明らかにされるようにこの日に、全体的な回転がまだ解決されるべき芸術の原因をこの反逆者に与えた。  pandemic デジタルサイバカルチュアの内で今明日歴史家はそれに権利を得るべきでweaned 。

アレックス: あなたの目的は何であるか。あなたの芸術が不滅、博物館内の最終的な休息場所を見つけることそれはあるか。

Pygoya: 私が住んでいる限りコンピュータとの芸術を、作り続けるべき私の目的。はい、生命の間合わせて。  私は私が私がデジタル時代のサイバカルチュアから耕される重要な芸術的な表現形式として合意上の慣習に媒体の援助でした仕事のために 覚えられている ことしか望まないことができ今卵をインターネット持っている。私は個人的にあるどうか remembered "ain't no big thing." Like any other artist, it matters that my work be considered relevant. Most importantly, I leave behind a collection that keeps my feelings and expressions alive as a working artist of my time.

$

Kevin Ing, Japan - <kevin_i@pop06.odn.ne.jp>


 

About the artist
Portrait of the Artist

Works Available

 

Back to Alex Alexander & Associate's www.corporate-art-consultant.com