STRANGE TALES BY HAWAIIAN AUTHOR RODNEY E.J. CHANG  2014


website counter

 

 

WAIALAEドライブイン都市伝説

1950年代後半は若い人たちにとって素晴らしい時期だった。ロックンロール大流行してい。若い人たちは一晩でツイスティング

楽しんでいた。そして、高校の友達が地元のドライブインチケットブースに車で通った時、車のトランクの中に隠すなどクレージーなことをするのはかっこいいと思われていた。その週末トランクに隠すのはCynthiaだった。彼女は払わなくて通った。多分それは彼女が夜に来た理由だった。東ホノルルの旧Waialaeドライブインは一つのドライブインだけではなかった。それはかつて古い墓地だった土地の上に建てられた。亡くなった日本の農園労働者はそこに。経済の発展のため、彼らの棺が掘り起こされ、そのままに移転した。スピーカーが付いてる窓の隣に泊るの下には死者あった。そのドライブインを建てられた時から、それは色々な変なことが起こり続けた理由と思われていた。人々その敷地が呪われて、幽霊が出ると信じていた。ある日本人はmujinaspiritsを破られる時に、人間に憑いにくると信じていた。このドライブインは21世紀の初めに、歴史になった。それは大規模な住宅や地元のレストランチェーンスペースを作るため1984壊された。Waialae通りと第二層高速道路はその上にして、そして、住宅や飲食店メイシー百貨店、バーンズ&ノーブル、フットロッカー、アップル、チリーズ、マクドナルドなどを隔ててい。モールの敷地は50年代までだったしかし50年代後半と60年代そこに何もなかった。沼のところに大き箱店やファーストフードアウトレットもなかったし、以前に棺が埋ところにマックマンション-もなかった(高級住宅開発をドライブインだけでなく、隣接する以前に触れられていなかった残りの墓地も含む。たったきな屋外スクリーンとスピーカーのための各区画金属柱がある駐車場のある特徴のないドライブインだった。側に旧墓地の一部があった大きい駐車場のドライブインの一側に入って、Waialae通りの反対側に沿うのは気味悪いドライブだった。その向こう側にそのままの墓石はまだあった。両親が運転するの子供たちはそれを知っていた。彼らはショーの後に中から出るとき、墓地数フィート離れ通過していた。彼らは夜墓地に入った。一方Cynthiaは彼女の女性友人とビールずるいエントリを祝いていた。彼らは車でパーティーをやって、マリリンモンロー主演の黒白映画を見てた。彼女がセクシーなの女の子たちは興奮していたが、恋人はいなかったでも彼らは気にせず良い時間を過ごした。車の中で、彼らはお互いが失望したデートした男の子のことで笑って、汚い話をした。二本目のビールを終た後、Cynthiaは「ねえ、皆、トイレにおしっこに行ってくるわ」と言った。彼女の親友Gertrudeは「おしっこだけ?」と笑って言った。セクシーシーンがまだ画面にあった。キスの音とうめき声車窓のスピーカーから出できた。「あなたは本当の愚か」とCynthiaが言って、くなって、がりに見えなくていた。「どうでもいい

Beatriceも言った、「気を付けて、そこに時々おばけ(ゴースト)が出る聞いたよね?」「聞いたことない人はいないじゃん?でも、私は信じていない。それらは弱い心を持つ人々の作り話と思う。」「本当に私がいらないの?

Gertrude笑っていた。「はいもう大きくなって、自分でトイレにいける、ママ

皆も笑った。それで、Cynthiaは車から出た。彼女はスピーカーが半分上った車窓に掛かる泊った車の8を歩いて、女性トイレに着いたCynthiaは、ドアを開けて、入って、ドアの閉じる音を聞いたそのいトイレに誰もなかった。2のショーの間にいつもなグループがくるので、それが一度に大人対応できるようにしていた。して休憩時間に女性トイレの外に結構並べていた(男性トイレにはそんなことがないより速くて簡単に小便器で終わるのでセックスシーンの途中でなく、休憩時間に行ったら、そこには人がいっぱい。Cynthiaずっとショーを見たかった勉強したかったが、体がトイレに入りたくて仕方なかった。彼女は空いていた区画を選んでいたそのとき、Cynthiaなぜ化粧を直さないと思っていた。手を洗た後、彼女はシンクと石鹸ディスペンサーの前に貼り付けた長い鏡の近くに寄りかかった。確かに、彼女の口紅は車でビールを飲んで、口を拭いた時に塗られた。スナックバーで休憩の時、格好良い男と出会うかもしれないので、直すほうがいいと思っていた。いつもと同じ、女の子たちは休憩中に、バターポップコーン炭酸飲料とキャンディ例えばチョコレートモルト「ポンポン」ボール、噛ゼリー動物、チョコレートミント赤ツイストロープキャンディー)を一緒に食べていたそれも他の学校の友や近隣の学校からのしい人と出会う場所だった。または少なくても、彼らといちゃつくCynthiaは口紅を出て、その時の人気のある「ショッキングピンク」色をつけた。まっすぐにラインを作るため、集中しなければならなかった。酔ばらたので、やや難しかった。親友たちはにいるので、両親アルコールを飲んだのをばれる心配は無かった。化粧を終わった後、Cynthia彼女より10フィート離れ鏡を見別の女性に気づいた。おかしいな、私はここに入ったから別人が入るのを聞いてなかったまたは見なかったの女性は長い黒ドレスを着て、長い赤みがかった黒色の髪を結んでいたの人は死んだように静かなままだった。Cynthiaは口紅を塗りつづけた。唇を完璧に見えてから休憩時間はもうすぐ)、彼女は口紅を財布に戻って、外に出始めた。彼女は彼女の側にいた他の女性を直接ちらりと見なかった。出口に行く時、彼女はその長いの隣立った女性を通った。その時、Cynthiaはまだ気にしなかった。一言も言いなくて、一目も見なくて彼女を通って、自分ベースで出口に向かいた。でも、ドアは動かなかった!誰がロックした突然、Cynthia閉じ込まれた。しかし、少なくとももう一人は隣にいた。たぶん彼女は開ける、またはなぜドアがロックされたのをわかるかもしれない。とりあえずその同じ苦境にあったCynthiaは振り向いて、その性に向かっていた、その時、彼女の背中Cynthiaに向かっていて、まだ一言も言わなかった。Cynthia方向から、彼女の長い髪と頭はちょーと彼女の顔を隠したから見るとその女性は2004映画「呪怨」幽霊のように見えたCynthia近づい、鏡からその女性の顔を見ようとしていた。なんと、顔がなかった!長い黒ドレスを着ている人体が長い赤みがかった黒色の髪を結んでいただけは鏡に映ったおびえていたCynthiaロックされたドアに走って、必死にドアを開けようとしていた。苦し紛れで、Cynthiaは、ドアハンドルねじれて、引っ張ってひどく揺いたが、動かなかったそして、彼女はドアを.敲いて、蹴って、助けを叫んだ。しかし、誰も助に来なかった。まだ休憩時間ではなかったので。すべての人は彼らの車でマリリンモンローを見ていた。Cynthiaが絶望的に窮地に陥るのを気づいたら、振り向いて、彼女の敵に直面していた。その顔のない女性すぐ隣にい、彼女の長い細い指は伸ばして、その若い女の子の顔に向かっていた。Cynthia恐怖で叫んで、気を失って、転んで、セラミックタイルの床に頭を打った。最後、救急車が来て、彼女を連れ去った。そのロマンチック暴力に変った映画の最後でマリリンモンローの役のようだった。Cynthia高校を中退して、カネオヘ州立病院精神科に入院した。彼女は再び鏡の中の顔を見えるまで数週間もかかった。

 

 

 

ハワイカイの夜の行進

Joseph Wilcoxはハワイカイのカメカメリッジに引っ越したばかりそこにビーチや下のの素晴らしい全景見える縁があった。その家は1990年代初期のリッジ開発に建てられて、大きくて高かったJosephのカスタム住宅は建てられたばかりけど、その庭はまだ。そこにまだ岩、雑草、ほこりがいっぱい。彼は自分の裏庭のガゼボに座って、マイタイちびちびんで、そして彼の家の後の境に沿って植えられたヤシの木から、湾の暮れをみる夢があった。でも、そこにはまだドライブラシ小さなばらばらのがあった。彼の家を建てられた前、隣の隣は既に家を完成た。ヤシの木、観賞植物、カラフルな花壇は広裏庭を飾っ。自動タイマー付きのスプリンクラーシステム熱帯の庭の青々としていたJosephは自分の庭もいつかに同じエレガントになってほしかった。後ろにまだ岩壁があった、この岩壁カラマ谷から数百フィート下のの斜面から適当の境をつかった。その谷は荒野だったが、数百人の家分譲地になった。隣人の後ろの低い岩壁Josephは積み重ねられた黒い溶岩石の柱を見つけたには7つ卵形の岩があって、には最大のものがあって、そして、上には最小のものだった。接着剤またはセメントを使用せずに、彼らは互いの上に完全にバランスを取った。ベースにはしおれた花や悪くないバナナやマンゴーがあった。彼は彼の隣人Russell Nagataが厚い緑の芝生を刈っているのを見たとき、そのディスプレイについて質問した。「それは幸運のため」「何のため?」と、Josephは尋ねた。彼と彼の家族はアリゾナ州から。「我々が神聖な土地に家を建てられるを知ってい?」 「何話しそれはハワイカイのホノルルの郊外だけじゃない?」「昔はそうじゃない」、地元の少年Russellは言った。「ここはハワイカイの大部分集落より高いだった。ここから見えるすべての空き地新開発。数年前まではそのままだった。谷に見えるの家もう30年以上そこにた。」「上は確かに素晴らしい谷と湾の景色をみえる。だから。我々はこれらのために高く支払った」「それは我々が立っている見通しの敷地が神聖なところから」とRussellは言った。「こから、海岸と谷に活動が何かをきるのを見るため、最適な見張りだ。」「起きること?」と、その新人の住宅所有者尋ねた。「敵の戦士だ。残念けど、あなたが買った土地は昔の「夜の行進」がパトロールしたところだ。」「夜の行進者はだれ

と、Josephは質問した、彼はハワイの歴史をあまり知らなかった。世紀前 - コロンブスがアメリカを発見するより前に、ハワイ人はこの谷に住んでいた。彼らは毎晩スカウトを出して、灯り持って、谷で彼らの村をパトロールし。彼らは湾のベストビューのため、リッジまで登った。そこから、攻撃を見えたら、巻き貝の合図で村民に間近に迫った攻撃警告できる。昔は異なる部族がいつも互い攻撃してい彼らは何度も隣島々からカヌーに来た他の村に侵入し村民を虐殺して、女性と子供たちを捕らえて男性の囚人奴隷にしてまたは彼ら崇拝するへの人間の生贄とすることは習慣だった。」「まさか

と前の住民は言った。はい、当時、たとえ土人がパラダイスに住んでいたとしても、生活威嚇的、悲劇的だった。それも精神的、超自然的な存在だった。」「だから、この昔に死んだ異教徒の伝説のため、あなたは家の後ろにを重ねった?」「はい、あなたもそうして。それは夜の行進を遠ざけるため」「彼らはまだ周りにいる?」「はい、まだ幽霊としてパトロールしている - 世紀後あなたが来る前に、近所の人は見た。彼らは光に人間の形でリッジに沿影を見たと言われた。」「夜のハイカーかもしれない

とそれを信じていないJosephは言った。「警告するだけそれを見たら、まっすぐ目で見ないで。あなたの心を失うまたは死ぬかもしれない。」「おかしい、迷信だ」「ま注意されなかったと言わないで。もう一つ、時々、その行進は黒いボールのように現れる。Hector Jasinski、向こう側に私のより2家の上で住んでいる人、彼は数ヶ月前に彼の家の向かいの歩道に沿って見たと言った。街灯から光っていたけど、彼は非常に早朝彼の前窓の外を見たよう。」「まこの夜の行進者の話は良いおとぎ話だった。しかし、我々はカトリックで、そのようなことを信じない。「偽の

はいない。」「私の家族は仏教徒けど、私を地元の供物を出すも止めない。とりあえず、起こさないように念のため

この二人話題を変えて、近所のうわさをして、そして、自分の家の改善活動に戻ったJoseph自身の信仰があるので、もちろん、彼のしい後の支え壁に同じ岩を置かなかった。隣人の幽霊へのトークンに接した。本土人Josephはそれが陳腐で、醜くて、彼らの大邸宅にも合わないと思っていた。数日後、Josephはプロジェクトのため、仕事に戻った。彼は彼のの外にゆるい岩を集めって、花壇を作るため壁の上に運ぶ必要があった。2フィート高い壁の上に行く前に、彼は近くの供物を再び見て、自分笑った。愚かな迷信。隣Russellもっと頭がいいとっていたのにの腐った果物にあるハエを見て。嫌だ。私のの周りに歩いている幽霊。もうすべてを聞いた。おかしくない。もう21世紀なのに、この人はまだ異教徒の儀式を心配しているそして、彼は私も1を置くと勧めされた?ちょっと待ってよ!Josephは冷笑して、谷に向かって冗談のように話をした「あなた行進者かもしれない。本当にそこにいるなら、ここに来て。我々はたくさんおもてなしがある良いもちろん、あなたはこない。あなたが存在しないので。

すぐ、彼は壁の外に、斜面に何フィートかがめた。彼はひざを曲げて、岩を持ち上げた時、大きな岩からくなった黄色ジャケットスズメバチを急げたJoseph反応する時間がなかった。突然で彼の顔く刺された。その痛みはJoseph曲がった方向から逆に駆け出した。その結果、彼はバランスを失って、後方に倒れ支え壁に頭をぶつけた。わずか1彼の頭に2つの怪我があった。彼はその危機を乗り越えた。スズメバチの毒素にアレルギーがないし、脳震盪にもならなかった。しかし、彼の顔、そして頭の後ろの打ち跡に急性の痛みがあった。 しかし、それはその日起こった最後のおかしい事じゃなかった。夜に、Josephは大きなキッチンの隣朝食隅に5の家族と一緒に座っていた。太陽が湾の平線下に沈み始めたので、空は赤い輝きだった。家の中暗くなってきた。家具は厚いカーペットの上に長い影を投げかけた。当時の唯一のライトは台所の調理台の上に小さな電球と朝食隅の上のエレガントなシャンデリアだった。ダイニングエリアは円卓を囲んだ円形のベンチのように設計され人がスライドて、テーブルに座る開いた弧はその円を破った。当時、Josephは円形の一端、革張りをしたベンチに座っていた。彼の妻と三人の子供は彼の隣に座った。Timothy、彼の4歳の息子は父親の目の前に座って、母親から食物を待っていた。Josephは目の端から何かが移動しているのを気づいた。彼は右に向いて、壁に置いた冷蔵庫を見て、いている黒い影の見たと思った。直径はおよそ1フィート半で、冷蔵庫を通って、すぐ浮いていように見えた。しかし、彼は本当に何を見た自信がなかった。彼は何回目をぱちくりして、もう一度見た。そこに何もなかった。彼は自分が夜の行進者のの中にきて、頭とゲームをしていたと思った - 既に2箇所に襲撃された。でも、何かがあれば、息子冷蔵庫に向いているので、それ見ただろうと考えた。彼は何驚いたように見えなかった。彼に聞いて、彼が何を見なかったと言うなら、それは目が疲れただけだと証明するTimothy…」「はい、お父さん?」「冷蔵庫に何を通ったのを見た?」「黒いボールのことですか?

日、Josephは彼の裏庭の壁に新鮮な花や果物積み重ねられた石の上に置いた。彼は古代の部族の習慣によって指示される幽霊にトークンを置くしい方法をRussellに聞いたそれをちゃんと正しく作られてほしかった。

 

 

愚か犬

前のドアは開いている。主人は彼仲間と議論するのにあまりにも忙しいだ。私はダックスフントとしても短い。私は良くない、でも彼の思うより頭がいい。少し年上の女性が大きいオス犬と散歩している。が発見する前に、少し楽しもうその茶色のホットドッグは4足でドアの外に走って、正面の階段をあわてて下して車道に沿って全力疾走した彼の足はくて痩せて、鶏のようにもかかわらず5だけをかかった。彼女の主人ができることはHershey!戻ろう!

んだだけだ。ごめんルーザー、遅すぎだ。私プログラムされ、誘導ミサイルのよういているんだ。革ひもの大きいベイビー犬、私はきたよ!Hersheyダメ!帰って!」彼の妻、犬の主人も無駄に叫んだ。私はその若いの目の中の驚きを見。彼の主人は弱くて、ひもつないで引って。彼女の目から、彼女も驚かせたのを教えたいくぞその10歳(犬年70)のダックスフントは通りに全力疾走して、道を渡った。彼女は他の犬に向かって走っていがみ合って、彼女の小さな声帯からできる鳴った。彼女はその子犬巨大なハスキー憎悪のまぶしさ歯ぎしりしたの耐えた。驚かせたでしょう?私のうなり鋭い歯に注意し!あなたはロープに縛らている。その大きな筋肉があるは急にへ飛び出した。犬話に戻って、あなたは私が欲しいでしょう?!彼は相当の力でその弱い主人の手のひもから逃げた。彼はあまり強すぎて、彼女を前に引っ張って、そのおばあちゃんがバランスを失って、歩道上に倒れた。こぼこの道で、彼女の膝が怪我して、も出始めたどちらの犬に重要ではない、しかし実際、二つも女性倒れて、怪我たことに気づいていない。彼らは互いに向いて、犬の世界に閉じ込められた。ダックスフントの恐ろしい目がおびえる眼球になった。ああ、ああ、ひもがゆるくなった自由だ彼に捕まえたら、歴史だ!小さなウィンナーはブレーキを踏んで、ハスキーがあごを沈める前にその姿勢を取り戻って、安全のためその家に向かって涙がでどちらも道を渡って、オスのハスキーダックスフントを追っていた。ハスキーは吠えた、あなたは誰と思っている?私はあなたを捕まえるつもりだ、この年上のメス犬!それは小さな犬の主人と彼の妻からみてよくなかった。がその狭い通りの反対側に走った時、短い足の居ぬは確かに足、筋肉のある若い犬より遅かった。そびえ立つハスキーはほとんど短い足面に近いダックスフントの上にいた。そして、ダックスフントの主人はそれを妨げた。は車道の傾斜の上に駐車された車の後にいた。ダックスフントの主人の視線からダックスフントと他の犬は隠されたその主人はまだその展開衝撃不信で固まれていた。彼が考えることは一つだけだった。今回その面倒くさい犬は終わったわ!おびえていたカップルは彼らのペットから鋭い叫び声聞こえていた。彼らの愛するペットは噛まれたようだ。「心配しないで彼は遊びたいだけ!」と、転んだおばあちゃんはその半開きした、ドアにいる二人に大声で呼んだ。その人はバカじゃないとが驚いて考えていだって、誰も小さな犬が命を取るように攻撃された鳴きを聞こえた。これは抑えきれず騒ぎだった。「遊びたいだけ。

とは全然違った。「私のから出て行け!あなたは何もできない

とその妻は大声で叫んだ、そして、ドに固まれた夫をプッシュしてHersheyの恐ろしい来たどころに疾走した。彼女は本当に犬のいつも犬と散歩してふんを拾いて、飼って、入浴させて、その犬の歯磨きをして、マニキュアを与えて、定時的に寝かせる今、いにも行く。勇気はなんとか小さな犬を攻撃から離れることができた。彼女は攻撃的動物から獲物を奪彼女攻撃されることを決して考えていなかった。その犬の主人は巨大なハスキーをにらんで、ダックスフントを獲るために彼女へジャンプしようみたいから、威厳の声で叫んだ、「行けここから出で!すぐ!」大きな犬はその人が怒って、彼がその人の領土にあることをわかっていた。ハスキーは彼女の恐れないで厳しい目を強くじっとみて、そして、徐々に後退た。な子犬は元気を失って、道を渡って、彼を呼んでいた主人に戻った。「ここ、ボー!ここに帰って、ボビー!

と、その犬が戻ったとき、おばあちゃんはもう一度立って、すぐひもをつかんだ。「私の犬は通りに走ったごめんなさい。ドアが開いていたから...

ダックスフント攻撃するのはその女性が転んだ原因だった。ハワイ州に犬ひもについてのがあって、裁判所に行ったら、Hershey主人は負けるし、その女性の怪我により莫大な医療費を支払わなければならない。 一方で、ダックスフントはその主人の家で殺されていたら、どうなる?「私はひもを放したごめん

と怪我した散歩する人も謝った。「私のボビーがこんなにくなったのは知らなかった。」「大丈夫でうか、田村さん?」「平気...ちょうど怪我しただけ。大丈夫だ。」二人の女性の隣人はお互いにって、何もないことになったみたい。言われないが、二人もこの事件が誰のせいでもないと思った。くそ起こって言うこともでる。ダックスフントは無事に家に戻ってよかったと思った。しかし、痛みは本当に痛かった!噛まれた足はかないわ18歳の娘Rochelleは、彼女のベッドルームからすぐ出てリビングルーム彼女の犬に行った彼女が9の時に、その子犬Hersheyをもらった、そして、みて、Hersheyは怪我した!彼女の一つ足は歩かない彼女はびっこ引いて歩いている。足に深い噛まれた跡もある。何があった可哀そうなHershey....

そのティーンエイジャーは怪我した犬に行って、して、犬をかわいがって、泣き始めその小犬はダックスフントの本来の悲しい目で彼女を見上げた。その悪いもの行為を知ってRachaelはすぐに状況を把握して、OK誰かがドアを開けたの?!

と言った。彼女の父だった。彼はあまり後ろめたい思いをしなかった。彼は娘に答えなかったし、代わりに、怪我した犬にいて、「愚かいつまでわかるの今回のことから学ぼう。悪い犬!

厳しく言ったの怪我した足あげて、見上げ - その力が痛みを引き出した - ダックスフンドの悲しいはその彼の不正行為った主人のことを覚えた。彼は犬悪い犬

の意味を知っているのをわかっている。でも、「愚か」の意味しぅているかどうかまだわからなかった。しかし、彼の声のトーンから、犬は「愚か」が誉める言葉ではないことをわかった。誰も犬の心を読めなかった。その犬は誰も私のことを愚かと言わなかったと思ったその後、ダックスフントは傷を直して、再び歩けて幸運だった。しかし、このは過ちから学べる?不幸知恵になれる月、同じシナリオがあった。ドアはもう一度不注意でけたままだった。じおばあちゃんひもにつないでいる大きな悪い犬は通りを渡って歩いてい小さなHersheyはとうする?はい、あなたも分かるよ。直接前のドアから、大きい怒った吠え声で、その長い足と歯のある大きい犬に向かって、一直線で階段と車道をっていた。今回、そのおばあちゃんはひもを強くつかまって、その若い犬の体重​​やっつけた。そして、サイズ、体重、および力も勝った - 彼の主人の落ちている体力と比べる?Hersheyは、彼女の勇敢な小さな心で考えて、無理と思った!愚かな犬ダックスフントは今度車が通りを下って来のを聞いたと思った。犬は音の大きさから距離を推定できる。彼らがどのように家の前に通ったのを覚えていて、犬は柵の後に隠れて、あなたが近づくのを待って、そして、猛吠えて、それはあなたかせたよね?歩行者距離推定できるので、車はどのぐらい彼の位置に離れているのも分かる。そのおばあちゃんは前回と同じその強い犬を手放しちゃた。ハスキーは、その鶏のような足で、、攻撃的な、ちっぽけな、熱い犬に吠えた。そして、今度、私は、あなたを殺すババとうなった!悪い言い訳を忘れて。今回私はあなたのすごく小さな喉を開いてやる!そして、私はあなたの短いがりがりの足を引き離して、スナックのように噛んちゃうむ!その巨大な犬は足で、再びその弱い女性の手から離れて、ダックスフントはもう一度360回して、通りの反対側に向かって走った。大きな犬は追い詰めて、その獲物だけを注意していた。今回あんたは死ぬわ、ババ!彼は猛吠えた。そう?じゃ、私を捕まえて、ビッグボーイ!小さな犬吠え返した。小さな犬通りを渡る爆発した速度はすこかった。計算した通りだ。追っているハスキーにそれだけではなかった。それは来るにまっすぐぶつけられたつんざくような吠えがあた。そして、すべて静かになった。喘いでいるダックスフントは、ポーチのステップを跳び越えして、家に戻った。家にいる人、誰も通りに起こった事を見なかった。前の突風が道を駆け上がって、ドアを押し開けて、少し開いたままだ。犬が家に戻った後、予想外のドアを閉じそこにいる誰も気付かなかった。Hersheyの主人は洗濯室にいて、彼女の夫が仕事をしてい、彼らの娘がサマースクールのために出かけた。愚かな犬?その小さな茶色の小犬はキッチンコーナーにあるふわふわしたクッションの上に座って、優しく彼女の癒し足を舐めて、思っていた。小さな洗濯室はキッチンの隅にあるので、Hersheyの主人は彼女がその休憩コーナーに戻ったのを見た。よい一日でしょうHershey?」もちろん、犬が答えられない。 ダックスフントは本来表情に富む、不機嫌な目で彼女を見上げた。そして舌で口の外をなめ。「ああ、スナックが欲しい?」ダックスフントおいしい牛肉ジャーキー噛んで、彼女の長い鋭い耳で、おばあちゃんが外の道での泣き声を聞いていた。